9月30日まで延長決定のうんこミュージアムYOKOHAMA!!今回「土曜日&雨天」という混雑必須の日程で,子供を連れて行ってきました!ラストスパートでこれから初めて行かれる方,お台場にオープンしたミュージアムに行く前の参考にしたい方,ぜひご一読ください♪
*******************************


横浜アソビル2Fで,期間限定で開催されている「うんこミュージアム」
皆さんはもう訪れましたか??

SNS映えすると話題!「うんこミュージアム」とは??

FullSizeRender
神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9
アソビル2F ALE-BOX内 
営業時間 10:00~21:00
※最終入場受付 20:30


「THAT'S UNTER TAINMENT」
ザッツ ウンターテイメント
~中略~
うんこはこれまで,私たち人間の生活のそばにいながら
この世に誕生した瞬間に流されて消えていく,
とても儚い運命の存在でした。

これまでの固定概念を水に流すこの場所で,
うんこを見て,触って,撮って,遊んで,
究極の”ウンターテイメント”をお楽しみください。

(ガイドマップより)

大好評で,なんと9月30日(金)まで延長決定!
夏休みも大人気の観光スポットになりそうですね

そんなうんこミュージアムに今回,子連れ土曜日&雨天という混雑必須の日に行ってきました~
夏休みに訪れる方の参考になれば幸いです

横浜駅から”うんこミュージアム”へのアクセス方法

こちら公式ホームページに載っているアクセス方法です。
FullSizeRender
画像を見ると3通りありますが,私たちはみなみ東口から行きました。

横浜駅を出てすぐ見える,この「横浜中央郵便局」がまず目印です。
IMG_4351
すでにアソビルの広告が出ているので,すぐ分かると思います

そこから右手に進んでいくと,横浜駅みなみ東口と書かれた通路があります。
IMG_4352
ここを抜けた所すぐが,アソビルになっています!
IMG_4356

チケット購入方法~前売り券が売り切れでも大丈夫!!当日券を購入しよう

チケットですが,前売り券当日券2種類があります。
FullSizeRender

「当日券だってすぐに売り切れてしまうのでは・・・」と心配な方,ご安心を。
今回当日券を購入して行ってきましたので,参考にしてくださいね

まずはアソビルに着いたら,当日券を購入する人1Fのチケットカウンターへ前売り券を持っている人直接2Fへ行きます。
IMG_4356
空いているときはすぐチケットカウンターに行けると思うのですが,この日は混雑していたので上の画像の「FOOD」と書かれている方からアソビル内に入りました。
IMG_4353
チケットカウンターまでの長い列です。
この時10:30だったのですが,11:00から入場できるチケットを販売していました。

IMG_4354
並ぶこと30~40分。この時点で11:00過ぎです。
ようやくチケットカウンターにたどり着きました!
この時には11:30から入場できるチケットを販売していました。
私たちはこの後すぐ,一旦カップヌードルミュージアムに行く予定だったので,
14:30~15:00のチケットを購入しましたIMG_4357

【混雑日は特に注意!】チケットの時間帯は入場できる時間ではなく,入場前に整列できる時間帯です!

カップヌードルミュージアムに行って,またアソビルに戻ってきた私たち。
15:00前2Fへ行き,実際に入場できたのは15:15頃
たった15分ほどだったのですが,すぐに入れると思っていた子供達は,「また並ぶの~」とダルダルな感じに・・・
わが家だけでなく,他にもそういうお子さんいました
ちょうどおやつも切れてしまっていたので,お子さん連れの方はちょっとしたグミとか用意しておくと良いと思います!

【要チェック!】再入場は不可,中にはトイレがないので必ず済ませてから行こう!

入場前にも必ずスタッフさんから説明がありますが,以下を押さえておきましょう。
✓再入場はできない
✓中にはトイレがない=済ませてから行く必要あり。


特にトイレですが,チケットカウンターで当日券を購入してすぐに入場したい人は,購入後に1Fにあるトイレに行っておいた方がスムーズだと思います

お子さん連れて行く方は,事前にトイレを済ませても心配かと思いますが,
ミュージアムはそれほど広くなく,所要時間は1時間弱なのでそれほど心配ないかと思います。
・・・と言うのも,ボールプールはあれど,結構早い段階で飽きるパターンも考えられるからです。笑
詳しくは後ほど書きたいと思います。

まずは自分だけの”うんこ”をゲットしよう

入り口を抜けると,ミュージアムの説明VTRが流れ,次のエリアに案内されます。
それがここ,MY UNKO MAKERです。
IMG_4363
このカラフルな便器に1人ずつ座り,自分だけのオリジナルうんこを生み出します。
この時点で恥ずかしさがある人は,その気持ちを捨てさりましょう。笑
BlogPaint

すると,こんなカラフルなうんこが出てきます
FullSizeRender
これを持って,ミュージアム内を散策するというわけです

3つのエリアを制覇しよう~一部を写真で紹介☆

ミュージアムの中に入ると,まず出会うのがこの巨大うんこ
IMG_4303
「ウンコ・ボルケーノ」というボールプールになっています。

IMG_4366
休日ということもあり,常にちびっこ達でいっぱい!!

そしてこの「ウンコ・ボルケーノ」ですが,定期的にフン火をします
どのようになるかは,実際に行って見てみてください
わが家は2回フン火に遭遇しましたが,大はしゃぎでしたよ~

そして左方向から順番に回っていきます

【SNSに載せたいフォトスポットがいっぱい♡】ウンスタジェニックエリア

FullSizeRender
まずあるのが,ウンスタジェニックエリア
ネーミングが面白いですね。笑
Instagramを意識しているだけあって,おしゃれなフォトスポットがたくさんありました
IMG_4329

IMG_4307

無題

【うんこで遊ぼう!】ウンタラクティブエリア

続いては,ウンタラクティブエリア
FullSizeRender
うんこをテーマにした体感ゲームや,子供心をくすぐるゲームがあるエリアです

ここで一番人気だったのが,この「うんこシャウト」です。
IMG_4317
中に入ると大きな画面と2本のマイクがあり,そのマイクに向かって「うんこぉぉ~~!!!」と叫ぶというゲームです

IMG_4368

夫がまさかの・・・
IMG_4369

東京スカイツリー級!笑
IMG_4370
一緒に隣で叫んでいた息子は,スペースシャトル級

今度は子供達2人で挑戦
IMG_4371

かわいい結果に・・・
IMG_4372

とてもシンプルなゲームなんですが,結構盛り上がりましたよ!
高さを出すコツは「元気よく,できれば高めに,だけどドスのきいた声」といった感じでしょうか。笑

【うんこを知的な側面から見つめる】ウンテリジェンスエリア

そして最後のエリアは,ウンテリジェンスエリアです
FullSizeRender

ここには,うんこをテーマにした絵本やゲームなどの「世界のUNKOグッズ」や,
IMG_4316

各著名人が描いたうんこ,そして来館者が描いたうんこが展示されていました
みんなが知っている有名人のうんこイラストもあったので,ぜひ現地で探してみてください

【まとめ】できれば前売り券を買って,空いてる平日&時間帯を狙おう!

今回は15:00過ぎに入場しましたが,大混雑で見るのも回るのも一苦労といったところでした!
そして子連れで行きましたが,子供達がめいっぱい遊べるのはボールプールのところぐらいかなと感じました。

ウンタラクティブエリアにあるクソゲーウンスタジェニックエリアにあるフォトスポットは,どこも並ばないといけません。
そしてもしかすると子供達にとっては,正直「並んでまでやりたい&見たいものでもない」かもしれません

そんな中でもボールプールうんこシャウトは楽しく参加していたし,
特に娘はいろいろなフォトスポットで撮影するのが楽しかったようで,(さすが女子。笑)
わが家の場合は,そんなに子供達も飽きずに楽しんでいました

それでも!せいぜい観て遊んで「1時間前後」といったところです。
そして夕方になればなるほど,人もいなくなり空いていった印象がありました。

SNS世代は子供が少ない夕方以降を狙え!!

このうんこミュージアム夜の21:00まで開いているので,
写真をたくさん撮りたい若い年齢層の方などは,子供達がいなくなる夕方~夜に行くのも1つの方法かもしれません

また,今回は当日券を購入しましたが,
夏休みは遠方からの家族連れもいらっしゃると思うので,「当日券売り切れ」も十分考えられます
もう行く日程が決まっているのであれば,早めに前売り券を購入することをオススメします

以上,子連れで行った「うんこミュージアム」についてでした


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村