2019年春に,初めてサンリオピューロランドに子連れで行ってきました!
一見,異色な組み合わせの「サンリオ×歌舞伎」。
ですが,可愛い!カッコイイ!!子供も釘付けになる新感覚ミュージカルでした。
”来園したならば,必ず観てほしい”,そんなミュージカルです♡
IMG_4976



\前の記事はこちら/


「サンリオ×歌舞伎」という豪華すぎるコラボレーション

メルヘンな世界に浸った私たちが次に向かったのは・・・1Fメルヘンシアター
そこで上演されている,「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~」を鑑賞しました
main_visual_bg
(画像は公式サイトからお借りしました)

このミュージカル,予想を遙かに超えていました!!
素晴らしいです,日本を象徴するサンリオのプライドがなんだか伝わってきました。笑


よく知ってる桃太郎とはひと味違う!?あらすじをおさえよう

「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~」のあらすじは下記の通り。

ピューロランドに誕生したハローキティ一座。

一座のこけら落とし公演「桃太郎」の上演から物語はスタートします。鬼はバッドばつ丸、その鬼に立ち向かう正義の武者を、シナモロール・ポムポムプリン・ディアダニエルが演じます。

鬼達との戦いに三武将は悪戦苦闘するも、ハローキティ座頭演じる桃太郎の登場で無事に劇中劇は幕を閉じます。
しかしその公演が終わった後、一変して劇場中の電気が火花を散らして停電に。
やっと明かりが戻ると、目の前に現れたのは、一座の誰も見覚えの無い鬼。
突如現れた見知らぬ鬼の姿に劇場裏は大パニック!

果たして、この鬼の正体は一体誰なのでしょうか?

ストーリーのベースが桃太郎なので,我が家の子供達も理解できていました
途中,笑いあり,涙あり,アクロバティックあり,素敵なダンスや歌ありで,見応えたっぷり!!
歌舞伎の松竹芸能がタイアップというだけあって,中村獅童さんが吹き替えを担当されていたりと,豪華です


より歌舞伎の醍醐味を楽しむのなら,優先入場がおすすめ!

こちらは優先鑑賞券対象で,私たちが行ったときも早く入場されている方がいました。
驚いたのは,先に埋まっていたのが後方の席だったということ。
これは始まってから「あ~なるほど」と思ったのですが,歌舞伎で大切なプロの盛り上げ役 “大向こう(おおむこう)”と呼ばれる観客でした。
きっとこの歌舞伎のファンで,何度も訪れているからか,掛け声のタイミングも素晴らしくバッチリでした。(もちろん,観客だけではないと思いますが)

上記のように,歌舞伎の見せ場がところどころで演出として使われています。
例えば,拍子木を床で打ち鳴らし,それに合わせてポーズを決める「見得」
可愛いキャラクターに施された,歌舞伎ならではの「隈取り」といった化粧。
落とし穴のような「スッポン」や,くるくると回る「回り舞台」
勧進帳で有名な「飛び六方」などなど・・・。

少し歌舞伎に知識があった私は,こんなに歌舞伎文化を盛り込んでいてすごい!!と純粋に思いました。
子供達も,なんだか普通のミュージカルとは違う独特の雰囲気を体感できたのではと思います
ちょっとした歌舞伎デビューになりました(*´∇`*)

また,外国人観光客がとても多かったです。
私が外国人だったら絶対観たいもんなぁ,人気なのも納得です!!

正直行くまでは「観れたらいいか」程度で訪れたのですが,「観なかったら確実に損する」レベルで観て良かったです!!
これは,絶対にオススメします
ただ,途中の演出で暗くなったり大きい音が鳴ったりと,小さいお子さんには怖くてびっくりしちゃう場面もありました。4歳辺りからならオススメかな?


忘れずチェック!ここだけでしかゲットできないオリジナルグッズもあります♡

上演中は写真・動画撮影はNGなのが残念なのですが,このミュージカルのDVDとBlu-rayがピューロランドで販売されています
goods08_1
本当に気に入ったらこちらを購入するのも手ですね!

↓ネットでもGETできますよ~


他にもこんな可愛いぬいぐるみキーホルダー海外の方にウケそう!!
goods09_01

私が欲しかったこの2点・・・最後にお店で探してみたけど,見つけられなかった・・・。
goods14_01

goods13_01

マスキングテープは海外のお友達にあげたかったなぁと思ってたのですが,無くて残念
次回行けたら,その時にはゲットしたいなぁ


以上,「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~」についてでした
次の記事に続きます

\次の記事はこちら/


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村